中国、あらゆる屋根に太陽光パネル-クリーンエネルギー確保

2年連続で世界最大の太陽光発電市 場となった中国は、太陽光パネルの増設を急いでいる。気候変動問題に 関する歴史的な米中合意に盛り込まれた目標達成のため、工場や学校の 屋根などへのパネル設置を進めている。

中国は今年、最大8ギガワット分の小型ソーラーシステムを設置す る計画。これは昨年の10倍強に当たる。13年末時点の同国の太陽光発電 能力は約20ギガワットと、原子炉約20基分に相当する。そのほとんどは 都会から離れた場所にある大型の太陽光発電所で生み出される電力で、 政策当局は現在、消費地により近い場所での小型システムの設置を進め ている。

中国では土地は公有で一軒家はまだ珍しいため、欧米と異なってパ ネル設置先は大半が産業・商業用建物の屋根や空き地で、温室に設置す るケースもある。

原題:China’s Hunger to Get Clean Energy Leaving No Rooftop Behind (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE