ゴールドマン新パートナー指名-トレーディングの役割縮小鮮明

米ゴールドマン・サックス・グルー プが指名した78人の新パートナーの顔触れは、トレーディング部門の役 割縮小と他部門の成長を浮き彫りにした。女性幹部登用ペースの伸び悩 みも目立った。

ゴールドマンによると、トレーディングと調査部門は新パートナー の36%を占め、2年前の44%から減少した。業界全般にトレーディング 事業が振るわず、ゴールドマンでは1-9月期のトレーディング収入 が120億ドル(約1兆3900億円)に減少した。09年と10年の1-9月期 はそれぞれ275億ドル、182億ドルだった。

他部門では新パートナーに指名された人数は12年比で増加。投資銀 行と資産運用部門ではそれぞれ3人増えた。両部門の収入は09年1-9 月比で35%余り伸びた。

ゴールドマンはパートナーの選考プロセスに数カ月をかける。パー トナーの給料は通常90万ドルで、ボーナスは専用の準備金から支払わ れ、プライベートエクイティ(PE、未公開株)ファンドに投資する権 利も与えられる。

新パートナーに指名された女性は11人と、全体の14%で、12年と同 じ割合だった。これは同社経営委員会の構成比率に一致する。同委員会 はメンバー34人中5人が女性。昨年指名されたマネジングディレクター のうち女性は20%と、12年の23%を下回った。

原題:Goldman’s New Partner Class Shows Shrinking Role of Trading Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE