インドネシア中銀、政策金利を7.5%に据え置き-12会合連続

インドネシア中央銀行は13日、ジョ コ・ウィドド大統領就任後初めてとなる金融政策決定会合を開催し、政 策金利の据え置きを決めた。

中銀の声明によれば、マルトワルドヨ総裁率いる理事会は政策金利 のレファレンス金利を7.5%に維持。金利据え置きは12会合連続となっ た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では、22人 中21人が据え置きを、1人が7.75%への利上げを見込んでいた。

預金ファシリティー金利(FASBIレート)も5.75%に据え置か れた。

原題:Bank Indonesia Holds Key Rate Before Widodo’s Fuel-Price Move(抜粋)

--取材協力:Manish Modi、Neil Chatterjee.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE