消費増税延期でも最大4.6兆円の経済対策財源-自民・山本氏ら

更新日時

自民党の山本幸三衆院議員らは2015 年10月からの消費税率の10%への引き上げを延期しても、財政健全化目 標を達成した上でなお最大4.6兆円の経済対策に充てる財源があるとの 独自の試算をまとめた。山本氏は増税を17年4月まで1年半延期するよ う求めている。

山本氏が会長を務める「アベノミクスを成功させる会」の資料をブ ルームバーグ・ニュースが関係者から入手した。資料は財務省出身の村 井英樹衆院議員らが作成。増税延期によって0.5%程度の実質成長率押 し上げ効果があると仮定し、経済成長で税収がどの程度増えるかを示す 「税収弾性値」を3.7に設定して試算した。

消費増税を延期しても経済成長と税収増を通じて財政健全化は進め られるシナリオが自民党内で描かれていることが分かった。

その結果、15年度までに10年度に比べ基礎的財政収支の赤字を対国 内総生産(GDP)比で半減する政府の財政健全化目標を達成して も、4.6兆円の目標超過額が得られるという。資料は「この分を経済対 策に充ててはどうか」と指摘している。財務省が使用する税収弾性値 を1.1と設定しても1.8兆円超過額があるという。

政府は「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)で、 「国・地方を合わせた基礎的財政収支について、15年度までに10年度に 比べ赤字の対GDP比を半減、20年度までに黒字化、その後の債務残高 対GDP比の安定的な引き下げを目指す」との目標を掲げている。

財務省はウェブサイトで税収弾性値について「近年の税収弾性値は 高くなっており、経済成長により大幅な税収増が見込めるとの指摘もあ るが、比較的安定的な経済成長を実現していたバブル期以前の平均的な 税収弾性値は1.1」と指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE