豪ブリスベーンから住民大脱出、G20首脳会合控え厳戒警備で

今週末に20カ国・地域(G20)首脳 会合が開かれる豪ブリスベーン。首脳会合を前にパトロールする多数の 警察官を除けばほとんど人けがなくなった。

ブリスベーン中心部でイタリア料理店を営むディミトリ・メラクロ イノスさんは店先を見つめ、「この通りはいつもなら混雑しているが、 暴動が発生するかもしれないと言われた人々は怖がって出てこない」と 語る。

ブリスベーンにはG20諸国の代表団が4000人、報道関係者が3000人 来訪するが、その合計を上回る7500人の警察官がオバマ米大統領や習近 平中国国家主席ら各国指導者を守るため警備に当たる。首脳が会談する 一流ホテルや会議場の周辺は鋼鉄製バリケードで包囲されている。ただ 経済界指導者の一部はオーストラリア3位の都市ブリスベーンを紹介す るよりも、多数の警官で厳重警備することで住民の脱出を招き、クイー ンズランド州の州都をゴーストタウン化させていると指摘している。

クイーンズランド州商工会議所の広報担当、ニック・ベーレンス氏 は「多くの地元住民が出て行っている」と述べ、人口約220万人のブリ スベーンは世界のメディアに最も静かに紹介されることは「避けられな い結論だ」と付け加えた。

G20の警備強化に向けて同州で制定された法律に基づき、サーフボ ードや卵、ガラス瓶、たこ、動物の糞尿、爬虫類、昆虫などを携帯して 規制区域に侵入した人は最高5500豪ドル(約55万円)の罰金が科せられ る恐れがある。市内の一部地域では抗議行動の権利が制限されている。

原題:Brisbane Lockdown Sees Exodus as Police Outnumber G-20 Delegates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE