三菱重工とベスタスの合弁:英国で風力発電用ブレード生産へ

三菱重工業とデンマークのベスタ ス・ウインド・システムズの合弁会社MHIベスタス・オフショア・ウ インドは、同社にとってこれまでで最も強力な風力タービン用のブレー ドを英イングランド南部ワイト島で生産する。

MHIベスタスが12日に電子メールを通じて発表した資料によれ ば、受注状況次第で2015年4-6月(第2四半期)にも生産を開始す る。英国における「より広範な産業化戦略」の一環だとしており、800 人規模の雇用創出・維持と約2億ポンド(約360億円)の経済効果が見 込めるとしている。

MHIベスタスはベスタスがワイト島に置く既存の研究開発センタ ーを活用する。ベスタスは09年に同島の工場を閉鎖、12年にはイングラ ンド南部での工場建設計画を撤回した。

世界全体の設置済み洋上風力発電施設の発電能力の半分余りは英国 が占めている。

原題:MHI Vestas to Build Biggest Turbine’s Blades in U.K. Factory(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE