ロシア:メキシコ湾に爆撃機パトロールへ-ウクライナ侵入否定

更新日時

ロシアは長距離爆撃機でメキシコ湾 や太平洋東部までパトロールを拡大する計画だ。ロシアのショイグ国防 相が明らかにした。北大西洋条約機構(NATO)はロシアの部隊がウ クライナに侵入していると批判した。

ウクライナ政府が同国東部は再び戦闘状態に近づいていると警告す る中、ロシアのショイグ国防相は同国軍がロシアの国境と北極海に沿っ て長距離爆撃機による定期的なパトロールを開始すると述べた。

NATO欧州連合軍のブリードラブ最高司令官(米空軍大将)は12 日にブルガリアで記者団に対し、ロシアの部隊が軍装備品と共にウクラ イナに侵入しているのを確認したと発言。国営ロシア通信(RIA)が 報じたところでは、ロシア国防省報道官はウクライナへの侵入を裏付け る証拠はないと表明した。

ロシア国防省のウェブサイトに掲載された声明によると、ショイグ 国防相は「現状では、大西洋の西側や北極海の東側、カリブ海、メキシ コ湾での軍事的プレゼンスを維持する必要がある」とコメントした。

ウクライナのポルトラク国防相はこの日先に、キエフでの政府会合 で、分離主義勢力やロシアの支援部隊が、占拠したドネツク、ルガンス クで兵士を集結させつつあると述べた。

原題:Russia to Fly Bombers to Gulf of Mexico as Ukraine Escalates(抜粋)

--取材協力:Kateryna Choursina、Michael Winfrey、Stepan Kravchenko、Krystof Chamonikolas、Daryna Krasnolutska.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE