英雇用統計:7-9月失業率は6%にとどまる-賃金の伸び加速

英国の7-9月の失業率は6年ぶり 低水準にとどまった。雇用市場の改善が続き、賃金の伸びは加速した。

英政府統計局(ONS)が12日発表した国際労働機関(ILO)基 準の7-9月の失業率は6%と、6-8月と同水準。賃金は前年同期比 1%増と、伸び率がブルームバーグがまとめたエコノミスト予想 の0.8%を上回った。基本給の上昇率は2009年以降で初めてインフレ率 を上回った。

エコノミストを対象にした調査の中央値では7-9月失業率 は5.9%への低下が見込まれていた。失業者数は11万5000人減の196万 人、就業者数は11万2000人増え308万人となった。

ONSによると、賞与を除いた賃金の伸びは1.3%に加速。インフ レ率は1.2%となっている。

同時に発表された10月の失業者数は前月比で2万400人減少。エコ ノミスト予想は2万人減だった。9月は1万8400人減と、速報の1 万8600人減から改定された。

原題:U.K. Unemployment Stays at 6% as Wage Growth Accelerates (抜粋)

--取材協力:Mark Evans、Harumi Ichikura.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE