LIBOR手数料は法外と銀行が抵抗、ICEが割引へ-関係者

ロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)の運営・管理を今年引き継いだ米インターコンチネンタ ル取引所(ICE)は、LIBOR利用者への請求を開始した新たな手 数料の支払いについて小規模銀行を免除する計画だ。事情に詳しい関係 者の1人が明らかにした。

新たなライセンス料が高過ぎるため、LIBORを融資の指標金利 として利用することを一部の金融機関がやめる恐れがあると銀行グルー プが抵抗したことから、ICEは支払いの一部免除を決定した。 LIBORに連動する証券や融資、デリバティブ(金融派生商品)の市 場は300兆ドル(約3京4600兆円)規模に上る。

非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところ では、ICEは資産額が15億ドル未満の銀行の手数料を免除し、15億ド ルから100億ドルの銀行は、1万6000ドルの手数料を2000ドルに割り引 く。

米銀行協会(ABA)の上級法律顧問でバイスプレジデントのデナ イエット・デピエロ氏は「ICEと突っ込んだ話し合いを7月以降に続 けてきた。無差別に課される手数料が多くの小規模金融機関にとって法 外なコストだと彼らが認識したと思われることは、重要な進展だ」と語 った。ICEの広報担当ブルックリー・マクラフリン氏は、コメントを 控えている。

原題:Small Banks Said to Escape Libor Fees After Bemoaning ICE Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE