NZ中銀:当面は住宅ローンの規制緩和せず-金融安定化報告

ニュージーランド(NZ)準備銀行 (中央銀行)は12日、当面は住宅ローンの規制を緩和しないと表明し た。移民の急増と低い借り入れコストを背景に住宅市場が再過熱する可 能性があると説明した。

同中銀のウィーラー総裁はこの日公表した半期に一度の金融安定化 報告で、「特に移民流入の勢いを考慮すれば、住宅価格が再度高騰する リスクが依然存在する」と指摘。「現時点で」融資制限の「緩和は適切 でないと考える」と述べた。

ウィーラー総裁はこれまで、資産価値に対する借入金比率の高い住 宅ローンを抑制する規制撤廃を年末にかけて検討すると述べていた。

NZ中銀は金融安定化報告で金融政策に直接言及しなかったが、 「短期金利は向こう数年のうちにさらなる上昇が必要になる可能性があ る」と述べた。NZドルについては「依然高止まり」しており、米景気 拡大や中国の成長鈍化が続いた場合、一段と下落する可能性があるとし た。

原題:RBNZ Says It Won’t Relax Mortgage Lending Restrictions Yet (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE