アリババ、ペイパルとの提携前向き-過去最高の総取引額

更新日時

中国の電子商取引会社アリババ・グ ループ・ホールディングは購買者の支払い方法の拡充に向け、米eベイ 傘下でオンライン決済サービスを手掛けるペイパルとの提携に前向きな 姿勢を示した。同社は11日の「光棍節」(独身者の日)に実施したバー ゲンセールで過去最高となる571億元(約1兆800億円)の売上高を達成 した。

蔡崇信(ジョゼフ・ツァイ)副会長は11日のインタビューで、金融 関連部門アリペイ(支付宝)が利用できない場合には米アップルの支払 いサービスも中国の消費者にプラスになるとの見方を示した。アリババ は先に、光棍節のセール開始から14時間弱で総取引額が昨年の362億元 を上回ったと発表していた。

蔡副会長は「オンラインの支払い処理で中国最大の企業という当社 の位置付けと、ペイパルの極めて素晴らしい国際的な地位を踏まえる と、相補的な面があるといえる」と指摘した。

アリババの金融子会社は中国最大の支払い処理会社で、海外で も100カ国以上で1790万人のアクティブユーザーがいる。

蔡副会長はアリペイの親会社の株式を中国で新規公開することを目 指しているとも述べ、「上場するのはより良い事業を助けることにな る」と語った。

11日のニューヨーク株式市場でアリババの株価は3.9%下げ て114.54ドルで引けた。昨年9月22日以来の大幅な値下がり。

原題:Alibaba Open to PayPal Cooperation as Singles’ Day Sets Record(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE