デューク大が1位、ハーバード8位に後退-BW経営大学院番付

ブルームバーグ・ビジネスウィーク 誌がまとめた2014年の米経営大学院ランキングで、デューク大学フクア 経営大学院がフルタイムの経営学修士号(MBA)プログラムの1位に 躍進し、シカゴ大学ブース校から首位を奪った。第14回となる今年の番 付でハーバード・ビジネス・スクールは8位に後退し、初めてベスト5 から漏れた。

昨年6位のフクア校に対しては、卒業生を雇用した企業からの評価 が特に高かった。

BW誌のランキングは企業の採用担当者による評価を45%、卒業生 自身によるプログラムへの評価を45%、さらに学術誌に取り上げられる 論文の発表数を10%の割合で織り込んで決定する。

ハーバードは昨年の2位から後退。学生からの評価の低下が響い た。学生からの評価では25位と、前回の12位から大きくランクを下げ た。

一方、採用担当者の間では依然ハーバードのブランド力は有効で、 今年のランキングは7位だった。ハーバードはBW誌ランキングの総合 順位で10年にわたり5位以内に入っていたため知名度も高く、卒業生の 人脈も強い。

そのほかの大学ではエール・スクール・オブ・マネジメントが21位 から6位に進出。学生からも企業からも評価が高まった。コロンビア・ ビジネス・スクールも上位10校に入った。一方、バージニア大学ダーデ ン校は10位から20位に後退、マサチューセッツ工科大学のスローン・ス クール・オブ・マネジメントも9位から14位に順位を下げた。

経営大学院に行く価値があるのかという議論について、学費と在学 中に失われる収入、卒業後に得る報酬から計算した復帰後1年の回収率 はハーバードで平均21%。上位8校でも30%未満だった。

原題:Duke’s Fuqua Captures Top Spot in 2014 Business School Ranking(抜粋)

Best Business Schools 2014: Duke Tops Full-Time MBA List, Harvard Slips

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE