アジアのヘッジファンドが景気循環株を買い戻し-クレディS

アジア太平洋地域のヘッジファンド は、空売りしていた株式のバリュエーションが低下し過ぎたことや日本 株などの反発を受けて、買い戻しに転じていると、クレディ・スイス・ グループが指摘した。

日銀が10月31日に市場の意表を突いて追加刺激策を発表した後、こ れらのファンドは豪コモンウェルス銀行やウェストパック銀行の株式を 買い戻している。

銀行や自動車メーカー、テクノロジー企業、エネルギー供給会社と いった景気循環に業績が連動する傾向のある銘柄は、世界経済のまだら 模様の回復の中で、ディフェンシブ銘柄を下回るパフォーマンスとなっ ていた。S&P北米シクリカルセクター指数は年初以降11月7日まで に5.6%上昇した一方、S&P500種株価指数は9.9%高だった。

クレディ・スイスのプライムサービス地域責任者マット・ペコット 氏は10日のインタビューで、「景気循環株は過去3年間、安値を付ける たびにその後数カ月以内に15-20%程度の反発が見られた」と述べた。

原題:Hedge Funds Reverse Short Bets on Cyclicals, Credit Suisse Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE