上海・香港証取接続で稼ぐための5つの方法-モルガンSなど

中国当局は10日、上海と香港の証券 取引所接続が17日に始まると発表した。モルガン・スタンレーやジェフ リーズ・グループ、JPモルガン・チェース、日興アセットマネジメン トなどが2つの証取による株式注文相互取り次ぎを通じた稼ぎ方につい て指南している。

①上海に上場していない大型株

モルガン・スタンレーの新興市場戦略責任者、ジョナサン・ガーナ ー氏(香港在勤)は、AIAグループやチャイナ・モバイル(中国移 動)、チョンコン・ホールディングス(長江実業集団)、テンセント・ ホールディングス(騰訊)といった本土の投資家にとって取引市場が限 られる大型株に注目している。チョンコンはブルームバーグがまとめた アナリストによる12カ月後の目標株価平均を約15%下回る水準で取引さ れている。

②香港の取引所と証券会社

ジェフリーズ・グループのチーフグローバル株式ストラテジスト、 ショーン・ダービー氏(香港在勤)は、第2次世界大戦後で最大規模の 資本勘定自由化の最前線に位置する香港に「力強い資金流入」があると 指摘する。香港取引所や中信証券(CITIC証券)、中国銀河証券な どが恩恵にあずかりそうだという。

③金融情報サービス業

精熙投資管理は証券業界以外を見据える投資家に金融市場のデータ を提供する本土企業の銘柄を勧めている。東方財富信息や浙江核新同花 順網絡信息などの銘柄が「証券接続に関連したテーマ投資の次のターゲ ットになる可能性がある」と精熙投資の王征最高投資責任者(CIO、 上海在勤)は語る。時価総額36億ドル(約4100億円)の東方財富信息は 今年116%高、時価総額12億ドルの浙江核新同花順網絡信息は134%高と なっている。

④重複上場株

重複上場している中国大手企業の中には上海での株価が割安な水準 となっている銘柄があると、日興アセットマネジメントのシニア株式フ ァンドマネジャー、エン・テック・タン氏は言う。「質が高いものの完 全に忘れられ比較的バリュエーション(株価評価)の低い多くの銘柄が ある」と分析。中国工商銀行や青島ビールの上海上場株は香港に上場し ている株式と比べ約9%割安だ。

⑤深圳株と債券

深圳株は上海・香港証取接続の対象になっていないが、深圳総合指 数は10日、中国国債相場と共に上昇した。JPモルガン・チェースのア ジア・新興市場担当チーフ株式ストラテジスト、エイドリアン・モワッ ト氏(香港在勤)は、適格外国機関投資家(QFII)制度を通じ中国 本土市場にすでに投資している一部の運用担当者は、その投資枠の一部 を上海市場以外の証券の購入に割り当てることができるようになるので はないかと説明している。

原題:Five Ways to Play Chinese Markets Before Shanghai-Hong Kong Link(抜粋)

--取材協力:Lisa Pham、Billy Chan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE