韓国地裁:旅客船セウォル号船長に懲役36年-検察は死刑求刑

更新日時

韓国光州地裁は11日、4月に沈没し た旅客船セウォル号船長のイ・ジュンソク被告(69)に懲役36年の判決 を言い渡した。

同地裁はイ被告が自身の離船前に乗客の避難に努めていれば多くの 命を救うことができたとして職務怠慢で有罪の判決を下した。犠牲者の 大半は高校生で、乗船の476人のうち生存者は172人のみだった。

検察当局は10月27日に、同被告に死刑を求刑していた。検察側は被 告が自身と乗組員の脱出が遅れると懸念し、乗客にあえて避難命令を出 さなかったとして殺人罪の成立を主張。被告はこれに対し殺人罪を否認 し、裁判所も同罪を認めなかった。被告が控訴するかどうか現時点で明 らかでない。

原題:Korean Ferry Captain Sentenced to 36 Years Over Deadly Sinking(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE