ブラジル株:下落-受注取り消し懸念でエンブラエルが安い

10日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が下落。アズールブラジル航空が航空機メーカーのエン ブラエルに発注した18億7000万ドル(約2150億円)相当の機体納入契約 をキャンセルする可能性を示したことを受け、エンブラエルが売られ た。

エンブラエルは4.1%下落し、10月13日以来の大幅安。ブラジル石 油公社(ペトロブラス)は2%安。パルプメーカーのスザーノ・パペ ル・エ・セルローゼは3.2%安。通貨レアル上昇で輸出企業の業績見通 しに陰りが生じた。

ボベスパ指数は前週末比0.9%安の52725.38で終了。指数を構成す る70銘柄のうち下落したのは46銘柄、上昇は22銘柄だった。レアルはサ ンパウロ時間午後5時42分(日本時間11日午前4時42分)現在、0.2% 高の1ドル=2.5526レアル。

証券会社SLWコレトラの主任ストラテジスト、ペドロ・ガルジ氏 は電話取材に対して、「アズールが発注を取り消す可能性を示したこと はエンブラエルにとって間違いなくネガティブな材料で、これが相場を 押し下げた」と話した。

原題:Ibovespa Falls as Embraer Tumbles Most in Month on Order Concern(抜粋)

--取材協力:Denyse Godoy.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE