米大統領:インターネット中立性維持へ電話会社などに規制を

更新日時

オバマ米大統領は開かれたインター ネットを維持するため、「可能な限り強力な規則」を設けるべきだと訴 えた。米連邦通信委員会(FCC)よりも厳格な規制を提唱した格好 で、ケーブルテレビ(CATV)事業会社のコムキャストなどブロード バンド(高速インターネットサービス)を手掛ける企業の株が下落し た。

オバマ大統領は10日の声明で、料金に応じてインターネットの速度 で差別するいわゆるファストレーン(追い越し車線)について言及し、 「料金に応じた差別化を明確に禁じるよう要請する」と述べた。大統領 の発言はブロードバンド事業を運営する企業やFCCのウィーラー委員 長の姿勢と相反するものだ。同委員長は大統領の見解は法的および政策 上の落とし穴がある可能性を指摘した。

AT&Tやベライゾン・コミュニケーションズ、コムキャストなど はウェブサイトの表示ブロックと送信速度の減速を阻止しない状況を確 保する上では緩い規制しか必要ない上に、厳しい規制は投資を抑えると 主張。一方、消費者団体は全てのウェブサイトの公平な取り扱いと、一 段とインターネットの利用に頼る人たちのアクセスを保証する厳しい規 制を望んでいる。

FCC委員長を務め、現在は全米ケーブルテレビ協会(NCTA) 会長のマイケル・パウエル氏は「インターネットへの緩い規制という大 統領が長い間維持してきた超党派の政策を放棄することに驚いた」と電 子メールでコメントした。NCTAにはコムキャストやタイム・ワーナ ー・ケーブルが加盟している。

FCCの権限

オバマ大統領が禁止を求めているのはウェブサイトの表示ブロック とコンテンツ送信スピードの減速、料金に応じて企業のコンテンツを優 先的に高速配信する制度。

FCCはオバマ大統領が支持する公益事業型の規制と、ファストレ ーンを企業に認めるような緩めの規制権限を組み合わせるプランを検討 してきた。ウィーラー委員長は電子メールで配布した声明で「独立した 政府機関としてわれわれは大統領の提案を『オープン・インターネッ ト』の手続きに盛り込む」とした。ただ大統領が示唆するアプローチは 法的問題および「広範な政策上の問題をもたらす」とした。新規則はウ ィーラー委員長ら3人の民主党勢力を含む5人で構成するFCCの承認 が必要になる。

AT&Tやベライゾンなどが加盟する携帯電話の業界団体CTIA のメレディス・アトウェル・ベーカー委員長はオバマ大統領の計画につ いて、「成長力のある産業に不適切な規制を設け、投資と技術革新の能 力をプロバイダー企業から奪いかねない」とのコメントを電子メールで 発表した。

原題:Obama Says Internet Providers Must Treat All Customers Equal (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE