錦織、飛躍の鍵となったのはナダルとの2試合-インタビュー

男子テニスの年間成績上位8人だけ が出場できるATPツアー・ファイナルに初出場を果たした錦織圭は9 日の開幕前のインタビューで、2014年に飛躍したきっかけはラファエ ル・ナダルとの2試合だったと語った。

錦織(24)は今年、ツアーで4勝を挙げたほか、全米オープンの決 勝に進出、アジア勢として4大大会の男子シングルス決勝に初めて勝ち 進んだ。マリン・チリッチ(クロアチア)に敗れたものの、毎日がちょ っとクレイジーになったと錦織は語った。

日本に帰ったら道を歩いている人たちがみんな自分を知っていたと 錦織は振り返り、うれしいがたいへんでもあると語った。今では日本以 外でも顔を知られているとも語った。

錦織の1年前のランキングは17位。昨シーズン末に元全仏覇者のマ イケル・チャン氏をコーチに迎えた。より攻撃的になることと自身の肉 体にもっと気を配ることをチャン氏から学んだと錦織は語った。

1月の全豪オープンでナダルに敗れたものの、この戦いが鍵になっ たと錦織は述べた。ナダルを相手にアグレッシブにプレーし、勝つ方法 が分かっていると感じたという。

4カ月後にマドリードで再度対戦した時はリードしていたが、腰の 負傷で棄権した。

世界ランキング5位の錦織は9日のロンドンでの初戦では4大大会 優勝2回のアンディ・マリー(英)を破った。4大大会優勝17回、現在 世界ランク2位のロジャー・フェデラーは、錦織の「バックハンドは 今、世界のトップクラスだ」と述べた。

原題:Nishikori Gains Confidence in Nadal Losses for Breakthrough Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE