中国・香港株が上昇、証取接続が1週間後に開始で

更新日時

中国本土と香港の株式相場は上昇。 上海と香港の証券取引所の相互注文取り次ぎが1週間後に始まると当局 が声明で公表したことを好感した。中国人民元もドルに対して上げた。

香港の取引で香港取引所(388 HK)は4.6%高と、4月以来の大幅 高となった。レノボ・グループ(聯想集団、992 HK)は本土市場に上場 していない香港上場の中国企業株の上げを主導した。

本土市場では中国建築(601668 CH)が10%高。政府が総額1130億 ドル(約13兆円)の空港・鉄道プロジェクトを承認したほか、習近平国 家主席が地方の輸送網への投資を増強する方針を示した。

上海総合指数は前週末比2.3%高の2473.67と、2011年11月15日以来 の高値で終了。CSI300指数は2.5%高。

香港のハンセン指数は0.8%高の23744.70。ハンセン中国企業株 (H株)指数は0.7%高。

精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO、上海在勤)は、「今 回の発表によって相場が押し上げられるだろう。大変待ち望まれていた からだ」と指摘。「市場は資金流入を期待している。主に恩恵を受けて いるのは証券株だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE