低迷する中国の銀行株を押し上げか-民生銀の株式報酬計画

中国民生銀行が7日発表した従業員 向け株式報酬計画を受け、国有銀行もこれに追随し、世界で最も割安な 水準に低迷している中国の銀行株が押し上げられる可能性がある。

民生銀の株価は10日に上昇。同行は最大80億元(約1490億円)相当 の新株を「主要な」従業員向けに本土市場での先週終値を10%下回る価 格で発行する計画を発表した。一時は上海市場で8.8%高と、日中ベー スで2013年9月以来の大幅な上げとなった。

民間銀行である民生銀は、従業員の利益と株式のパフォーマンスを 連動させる株式報酬で先頭に立っている。共産党は国有企業にインセン ティブの改善を求めているため、国有銀行も追随し、株価が押し上げら れることが見込まれると、国金証券と中国国際金融のアナリストが指摘 した。

長江証券の王一川アナリストは、「これは重要な動きであり、間違 いなく銀行株のバリュエーション(株価評価)の回復につながるだろ う」と述べ、「短期的」に民生銀株が約10%上昇する可能性があるとの 見通しを示した。その上で、当局の承認や従業員の反応など不確実な要 素やハードルも多いとも指摘した。

原題:Floundering China Bank Shares Seen Lifted by Incentive Plans (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE