中国経済の地域差拡大:景気減速感が深まる中で顕著に

サマーズ元米財務長官ら中国に関し て弱気の見方をする人たちから、ゴールドマン・サックス・グループの ロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)ら強気派まで、一 致するのは中国経済が減速しつつあるということだ。全国的にはそれは 事実だが、地方経済のデータを確認すると、一部地域が他より良好さを 増し、地域差が開きつつある状況が浮かび上がる。

中国当局の発表や国営メディアが伝えたデータを基にブルームバー グが算出したところ、31の省・直轄市・自治区のうち1-9月の成長率 が1-6月(上期)に比べて鈍化したのは19、横ばいが3、加速したの は9となった。全ての省・直轄市・自治区がそれぞれの成長目標に未達 の状態だ。

今年通年の中国の経済成長率が1990年以来の低水準にとどまると予 想される中で、各地方の景気格差が開きつつある。北東部の工業地帯が 不動産市場の落ち込みの影響をまともに受ける一方で、内陸部の一部地 域は依然として従来型のインフラ投資で押し上げられた高成長率を謳歌 (おうか)している。

ドイツ銀行の中国担当チーフエコノミスト、張智威氏(香港在勤) は「中国政府は以前は全土でインフラ建設を支援していたので、全ての 省・直轄市・自治区が非常に急速な成長を遂げていた。現在では相対的 に弱い地方と強い地方に分かれている。こうした違いは恐らく続くだろ う」と指摘した。

原題:China’s Regions Reveal Economies Diverging as Slowdown Deepens(抜粋)

--取材協力:Kevin Hamlin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE