1929年の大暴落言い当てた名門、確率65%で来年景気後退を予想

更新日時

ビジネスマンとエコノミストを掛け 持ちしていたジェローム・レビー氏は1929年、企業利益に関する自分の 分析に基づいて保有株を手放し、10月の大暴落の前に売り抜けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。