バークレイズ運営のダークプール利用、10月20日の週は33%減

英銀バークレイズが運営する米国の ダークプール(私設取引所)の取引量は10月20日の週に33%減少した。 利用状況について顧客を欺いたとされる訴訟が響いていることがうかが われる。

米金融取引業規制機構(FINRA)のデータによれば、バークレ イズのダークプールの20日開始週の取り扱い株数は約9700万株。前週は 1億4400万株だった。バークレイは取引シェアで14位となった。6日か らの週は1億2900万株。

シュナイダーマン・ニューヨーク州司法長官はバークレイズが高頻 度トレーダーによるダークプール利用について投資家に真実を伝えてい なかったとして提訴した。訴訟は投資銀行内の他の事業にも影響し、7 -9月の株式トレーディング業務の低迷につながったと、財務ディレク ターのタシャー・モーザリア氏が10月30日に述べていた。

原題:Barclays U.S. Dark Pool Trading Falls 33% Amid Schneiderman Suit(抜粋)

--取材協力:Richard Partington.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE