FRB議長:中銀はあらゆる措置を-ECBにメッセージ

米連邦準備制度理事会(FRB)の イエレン議長は、デフレ回避のため追加の債券購入が必要かどうかを決 めかねている欧州中央銀行(ECB)の政策当局者らに対し、どのよう な措置も講じるべきだとのメッセージを送った。

議長は7日、パリで開かれたフランス銀行(中銀)主催のイベント で講演。事前に配布された原稿によると、「中銀は、経済成長支援そし てインフレ目標達成のため、非伝統的政策も含めた利用可能なあらゆる 措置を講じる準備をする必要がある」と述べた。

欧州中央銀行(ECB)の政策当局者の間では、デフレ回避を狙っ た債券購入の度合いをめぐり意見が割れているもようだ。ドラギ総裁 は、バランスシートを2012年3月時点の水準に戻す方針を表明。これは 現在の水準から1兆ユーロ規模の膨張を意味する。ただ同総裁は、債券 購入をめぐり一部の政策委員会メンバーからの抵抗に直面している。

イエレン議長は世界金融危機の影響について、「緩慢かつ不安定な 景気回復を踏まえ、支援的な政策が引き続き必要だ」と語った。

また債券購入について効果を表しているとの認識を示した。

イエレン議長は「政策金利がゼロもしくはゼロに近づいていること から、中銀は必然的に大規模な資産購入などの非伝統的政策を開始し た」と指摘。「私の考えでは、そうした非伝統的な措置は内需の回復を 支え、結果的に世界の経済成長を支援するのに役立った」と言明した。

原題:Yellen Message to Europeans Divided on QE: Do Whatever It Takes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE