アジア・太平洋株式サマリー:中国、香港株下落-インドも安い

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

中国本土と香港の株式相場は下落。中国が8日に貿易統計を発表す るのを控え、工業株や素材関連銘柄が下げた。週間ベースでも値下がり した。

中国中鉄(601390 CH)と中国鉄建(601186 CH)は上海市場で共に 4%を超える下落率。メキシコ当局が中国企業による高速鉄道の建設契 約を見直すとAFP通信が伝えた。

10月の中国輸出入はいずれも市場関係者の間で伸び鈍化が予想され ている。雲南銅業(000878 CH)は2.7%安。レノボ・グループ(聯想集 団、992 HK)は香港市場で4.8%下げ、4カ月ぶりの安値。

本土市場で上海総合指数は前日比0.3%安の2418.17で終了。週間で は0.1%安。CSI300指数は前日比0.2%安。

正徳人寿保険の呉侃ファンドマネジャーは「景気はいまだに弱いサ イクルにあり、景気循環株の一部がその影響を受ける」と述べた。

香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前日比0.3%安 と、3日続落。ハンセン指数は0.4%下げた。

【インド株式市況】

7日のインド株式相場は下落。指標のS&Pセンセックス指数は週 間ベースの上げ幅を縮小した。同指数を過去最高値まで押し上げた最近 の相場上昇は行き過ぎとの見方が広がった。

時価総額でインド最大の銀行、HDFC銀行は1カ月ぶり大幅安。 二輪メーカーのヒーロー・モトコープは今週、構成銘柄の中で最悪のパ フォーマンスとなった。ベイン・キャピタルがヒーロー株を売却したと 関係者が述べ、これが嫌気された。マヒンドラ・アンド・マヒンドラは 3日続落。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前営業日比0.2%安の27868.63 で終了。同指数の相対力指数(RSI、14日間ベース)はこの日まで4 営業日連続で売りシグナルと見なされる70を上回っている。センセック ス指数は5日にこれまでの最高を記録し、構成銘柄の株価収益率 (PER、予想収益ベース)は15.6倍。6日は祝日のため休場だった。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比43.02ポイント(0.8%)高 の5549.13。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比3.39ポイント(0.2%)高の1939.87。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比21.60ポイント(0.2%)高の8912.62。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE