鹿児島県知事:九州電川内原発の再稼働に同意-電力株は軒並み上昇

鹿児島県の伊藤祐一郎知事は7日、 新たな原子力発電所の規制基準に初めて適合していると判断された九州 電力川内原発1、2号機の再稼働に同意する意向を表明した。鹿児島県 が文書で発表した。地元同意を好感し、電力株は軒並み上昇した。

伊藤知事は、7日午前に開催された鹿児島県議会の臨時本会議で再 稼働を求める陳情が賛成多数で採択されたことや、薩摩川内市の岩切秀 雄市長が10月28日に再稼働に同意したことを踏まえたもの。

九電は今後、工事や運転管理に関する規制委の認可を得た上で再稼 働につなげる。SMBC日興証券の塩田英俊シニアアナリストは、川内 原発1、2号機の運転再開は1月か2月になるとの見通しを示した。

菅義偉官房長官は午後の会見で「関係者のみなさんに重要なご判断 をいただき、再稼働に向けた取り組みは大きく前進した」と評価。その 上で「原子力規制委員会による工事計画認可の手続き、こうしたものを しっかり進めていきたい」と話した。

九州電力株は7日、前日比4%上昇で終了。中部電力が5%高、関 西電力が4.2%高となるなど電力株は軒並み上昇した。

--取材協力:高橋舞子.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE