元ゴールドマン幹部ソーントン氏を会長に-パインブリッジ

:香港の資産家、李沢楷(リチャー ド・リー)氏が経営権を持つ資産運用会社パインブリッジ・インベスト メンツは元ゴールドマン・サックス・グループのバンカー、ジョン・ソ ーントン氏を会長に指名した。

ソーントン氏は2003年にゴールドマンの共同社長を退任した後、北 京の清華大学の教授に転じていた。パインブリッジが6日発表した資料 によれば、ソーントン氏は10年から会長を務めていたマービン・デービ ス氏の後任となる。

パインブリッジは708億ドル(約8兆1600億円)相当の資産を運 用。運用資産に占める債券の比率は45%で、株式は23%。残りは代替資 産などに投資している。パインブリッジは10年に米保険会社アメリカ ン・インターナショナル・グループからスピンオフ(分離・独立)し、 李氏のパシフィック・センチュリー・グループが買収した。

ソーントン氏(60)はゴールドマンに23年間勤務し、在籍時には当 時のヘンリー・ポールソン最高経営責任者(CEO)の後継候補と見な されていた。国際事業を統括し、アジア事業の会長を務め、欧州事業の 監督にも携わっていた。

原題:Ex-Goldman Sachs President Thornton Named as PineBridge Chairman(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE