JPモルガン、CMEと議論-取引保護のための資金拠出めぐり

米銀JPモルガン・チェースは、世 界最大の先物取引所を運営するCMEグループが取引を保護するために 十分な資金を拠出しているかをめぐり、同グループと議論している。

この問題は今週シカゴで開催された米国先物業協会(FIA)の会 議で取り上げられた。議論の対象となっているのは、CMEが会員のデ フォルト(債務不履行)に備えて拠出している3億7500万ドル(約430 億円)の自己資金。世界最大のデリバティブ(金融派生商品)ディーラ ーの一つであるJPモルガンは、CMEの「スキン・イン・ザ・ゲーム (自己資金の拠出)」を2倍近くの6億8700万ドルに増やすよう主張し ている。

JPモルガンの機関決済、担保管理、実行部門のグローバル責任 者、エミリー・ポートニー氏は5日、クリアリングハウス(決済機関) のリスク管理をめぐるパネル討論で「われわれはスキン・イン・ザ・ゲ ームの引き上げを強く主張している」と述べた。

CMEは保証基金として知られる緊急口座に68億7000万ドルを保 有。9月公表の文書によると、JPモルガンはCMEに自己資金拠出を 保証基金の10%にするよう求めている。

原題:JPMorgan Spars With CME Over $375 Million Protection Fund (2)(抜粋)

--取材協力:Christopher Condon.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE