【個別銘柄】スズキやタカタ下落、ダイキン工、ディスコ上昇

更新日時

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

スズキ(7269):前日比5.8%安の3510.5円。4-9月期(上期) の連結営業利益は905億円だったと6日発表。前年同期比0.3%増益を確 保したが、市場予想の962億円は下回った。SMBC日興証券では、第 2四半期決算はサプライズがない水準だが、日本とアジアが大幅減益と なる厳しい決算と指摘。また野村証券では、株価は来期までの業績拡大 を織り込み短期的に上値余地が縮小したとし、6日付で投資判断を「買 い」から「中立」に引き下げた。

タカタ(7312):7.3%安の1416円。2015年3月期の連結純損失予 想を240億円から250億円に下方修正する、と6日に発表した。エアバッ グ不具合に起因する自動車のリコール問題で、製品保証引当金繰入額な ど上期に計上した特別損失の増大が響く。第2四半期末配当を無配と し、期末配当は引き続き未定。SMBC日興証券では、リコール関連の リスクは残ると指摘。試算できないが今後もリコールが増える可能性は 否定できない、今期は赤字決算により無配となる公算が大きいとの見方 を示した。

ディスコ(6146):11%高の8450円。15年3月期の連結営業利益予 想を191億円から232億円に上方修正する、と6日に発表。市場予想 の212億円を上回った。半導体・電子部品業界の市場環境や直近の業績 動向などを勘案。年間配当予想も104円から127円に増額。前期実績は90 円だった。

ダイキン工業(6367):1.9%高の7139円。15年3月期の連結営業 利益は前期比2割増の1900億円前後になる見通しと7日付の日本経済新 聞朝刊が報道。従来予想を200億円上回り、2年連続で最高益になると いう。販売店網を広げた効果で中国やアジア・オセアニア、北米での空 調機器販売が伸びるほか固定費削減なども寄与するとしている。

京阪電気鉄道(9045):3.8%高の578円。世界的な株価指数 MSCIスタンダードインデックスの四半期ごとの定期銘柄入れ替えが 6日に公表され、同社のほかリクルートホールディングス(6098)、コ ロプラ(3668)、ミネベア(6479)、ミクシィ(2121)が新規採用にな った。今後の海外ファンド資金の流入を見込む買いが入った。一方、除 外となったのは大同特殊鋼(5471)、ディー・エヌ・エー(2432)、グ リー(3632)の3社。指数への反映は25日の引け値段階。

クボタ(6326):2.5%高の1780.5円。4-9月期(上期)の連結 営業利益は1002億円だったと6日に発表。国内やアジアの売り上げ減に よる減益要因を北米や欧州の増収効果や為替の改善などで補い営業利益 は前期比横ばいにとどまった。クレディ・スイス証券はこのうちの7- 9月期営業利益について、10%減の478億円と、同社計画423億円を13% 上回ったと指摘。計画対比で40億円の円安効果が主因だが、国内やタ イ、中国事業にリスクを抱えながらの計画上振れはポジティブな印象と 評価した。

三井海洋開発(6269):7%安の2408円。14年12月期の連結営業利 益予想を80億円から50億円に下方修正する、と6日に発表。第3四半期 にブラジル向けのチャーターサービス事業でガス冷却用の熱交換機やコ ンプレッサーの故障に見舞われ、それらの対処費用として約30億円の追 加費用が生じたことなどが響いた。

三井造船(7003):3.9%安の244円。15年3月期の連結営業利益予 想を210億円から180億円に下方修正する、と6日に発表。子会社の三井 海洋開(6269)の業績下方修正を反映させた。市場予想は226億円だっ た。

ユナイテッドアローズ(7606):6.4%安の3505円。4-9月期 (上期)の連結営業利益は前年同期比21%減の34億9100万円だったと6 日に発表した。海外・新規事業の先行コストや人件費が増加した。市場 予想は36億円だった。

ミツミ電機(6767):9.1%高の782円。6日発表した4-9月期 (上期)の連結営業損益は24億円の赤字だったが、三菱UFJモルガ ン・スタンレー証券では、スマートフォン向けVCM(レンズアクチュ エータ)OIS対応品の出荷が7-9月に始まり、同四半期は営業黒字 に転換したことを挙げ、下期の事業環境は好転すると分析した。

伊藤忠テクノソリューションズ(4739):8.2%高の4765円。4- 9月期(上期)の連結営業利益は前年同期比36%増の79億8100万円だっ た、と6日に発表。市場予想の71億円を上回った。同時に発行済み株式 総数の2.21%、50億円を上限に自己株式を取得することも発表した。

フジシールインターナショナル(7864):7.7%高の3500円。6日 発表した4-9月期(上期)の連結営業利益は58億6200万円と前年同期 並みにとどまったが、SMBC日興証券では、第2四半期営業利益は同 証予想を上回った、印象はポジティブと評価した。天候不順を克服し再 度成長期待が台頭するだろうとの見方。

タカラスタンダード(7981):8.3%安の850円。4-9月期(上 期)の連結営業利益は前年同期比5.9%減の85億8400万円だったと6日 発表。同8.5%増の99億円を見込んでいた従来計画から一転減益となっ た。

大陽日酸(4091):7.1%安の1068円。SMBC日興証券は6日付 で投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」に、目標株価を1030 円から800円に引き下げた。三菱ケミカルホールディングスによる大陽 日酸への株式公開買い付け(TOB)終了、子会社化が成立したことな どを勘案した。

バンダイナムコホールディングス(7832):6.9%安の2566円。15 年3月期の連結営業利益予想を450億円から500億円に上方修正する、と 6日に発表。「妖怪ウォッチ」商品が人気で、スマートフォン向けアプ リゲームも堅調。ただ、市場予想の579億円は下回った。

大日本印刷(7912):2.4%安の1057円。4-9月期(上期)の連 結営業利益は前年同期比6.6%減の224億円、と6日に発表。印刷事業で 情報コミュニケーション部門が4割減益となった。

荏原(6361):3%安の574円。4-9月期(上期)の連結営業損 益は6億1600万円の赤字、と6日に発表。市場予想は3億6700万円黒 字。風水力事業の減益が響いた。

日本海洋掘削(1606):2.6%安の4160円。15年3月期の連結営業 利益予想を11億3500万円から前期比98%減の2億5200万円に下方修正す ると6日に発表。「HAKURYU-5」及び「ちきゅう」商業掘削に かかわる時期掘削工事開始時期の遅れなどを見込んだ。

エラン(6099):東証マザーズ市場にきょう新規上場(IPO) し、午前に形成した初値は公開価格の1750円に対し70%高の2980円だっ た。同社は介護、医療施設への入所者や患者が手ぶらで入所、入院でき るように身の回り品や衣類、タオル類をレンタルする「CSセット」シ ステムを主に提供する。終値は3480円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE