コンテンツにスキップする
cojp

エボラ熱から生還の医師、血液提供と感染懸念との闘いが使命

米国で初めてエボラ出血熱患者とし て治療を受けたケント・ブラントリー医師は、アトランタにあるエモリ ー大学付属病院を退院してから2週間後にある電話を受けた。

電話の内容は、別の医師リック・サクラ氏も感染したので、ブラン トリー氏に自身の血液を提供する意思はあるかと尋ねるものだった。

「私は、『サクラ医師の助けになるのなら何でもする』と答え た」。ブラントリー医師はノースカロライナ州で開かれたイベントで記 者団に対してそう語った。

ブラントリー氏(33)はリベリアでキリスト教系団体の医師として 勤務中に感染。防護服に身を包みエモリー大学付属病院に歩いて入院す る姿が8月2日にケーブルテレビ局で放映され、名前が知れ渡った。治 癒したブラントリー医師は、エボラ出血熱についての認識を高めること が自身の使命だと話す。西アフリカでは感染者数が1万3000人を超え、 死者は約5000人に上っている。

ブラントリー医師はその後も、抗体が含まれた自身の血液をエボラ 出血熱感染患者に提供している。回復した患者の血液の利用は治療法と しての有効性は証明されていないが、世界保健機関(WHO)は9月に 実験的治療として利用を促すと表明した。回復した患者の体内ではウイ ルスを認識する抗体が作られているため、理論上は血液の提供が患者の 治療につながる可能性がある。

エボラ出血熱への意識が高まるにつれ、ニューヨークやダラスなど の都市では警戒感が強まり、感染リスクのある人々を隔離すべきかどう かをめぐって議論が高まった。

ブラントリー医師は「感染地を訪れるボランティアたちがひどい対 応を受けたり、犯罪者のように扱われたりすれば、われわれは冷淡にな り、直ちに助ける必要のある人々に対する思いやりが失われる」と指摘 した。

原題:Ebola-Free Kent Brantly Roams U.S. to Give Blood, Fight Fear (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE