世界の穀物在庫「大量に」膨らむ、価格に下押し圧力-FAO

世界の穀物在庫が15年ぶりの高水準 に達し2014-15年に小麦とトウモロコシの価格に下押し圧力がかかり、 生産不振の可能性への反応が鈍るとの見通しを、国連食糧農業機関 (FAO)のシニアエコノミスト、アブドルレザ・アバシアン氏が表明 した。

アバシアン氏は6日、ローマにあるFAO本部から電話インタビュ ーに応じ「在庫が大量に膨らんでいるため、少なくとも次のシーズンは 価格の反応をあまり期待できない」と指摘。「このため、農産物商品は しばらくの間、輝きを失う」との見方を示した。

FAOは、世界の穀物在庫が14-15年のシーズン終了時までに8% 増加し6億2470万トンに達すると予想している。FAOが集計する世界 の穀物価格指数は10月に178.4ポイントと、08年6月に達した過去最高 水準と比較して33%低下した。

原題:‘Huge’ Grain Stockpiles Seen by UN’s FAO Weighing Down Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE