ロシア・ルーブル、週ベースで11年ぶり大幅安-中銀に行動の用意

更新日時

ロシア・ルーブルは7日、週間ベー スで11年ぶりの大幅安となった。ウクライナ東部が激しい戦闘状態に逆 戻りしている状況の下、ロシア中央銀行がルーブル防衛を示唆したもの のセンチメント改善につながらなかった。

モスクワ時間午後6時48分現在、ルーブルの対ドル相場は前日比ほ ぼ変わらずの1ドル=46.8450ルーブル。いつでも為替介入を拡大する 用意があり、金融安定を確保するため追加手段を用いる可能性もあると ロシア中銀が表明すると、ルーブルは一時2.6%高となった。前週末比 では8.1%下げており、これは少なくとも2003年以降で最もきつい値下 がり。ロシア国債は週間ベースで3週続落となった。

ロシア中銀の声明発表前には、ルーブルは一時3.7%下げ過去最安 値となる48.6495ルーブルを付けていた。同中銀が介入政策を変更した 5日以降、ウクライナでの戦闘の高まりや原油相場の値下がりがロシア 資産への重しとなっている。

原題:Ruble Set for Worst Week in 11 Years as Russia Says Ready to Act(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE