人気の秘密は順応性、4.6兆円流入-レラティブバリュー戦略

クレジット市場に投資するヘッジフ ァンドにとって、債券市場の基準となる指標(インデックス)に見劣り する今年のリターンは悪いニュースだ。だが心配には及ばない。何より の朗報は、投資家がそれを気にしていないことだ。

割安と判断される証券へのロングポジション(買い持ち)と割高な 証券へのショートポジションを組み合わせて運用するレラティブバリュ ー戦略のヘッジファンドは、7-9月(第3四半期)にプラスのリター ンをどうにか確保する状態だったが、1-9月では405億7000万ドル (約4兆6700億円)の資金を集め、今年の新規資金の流入額は2007年以 来で最も多くなりそうだ。

調査会社ヘッジファンド・リサーチ(HFR)のデータによれば、 これらのヘッジファンドの運用資産額は過去6年でほぼ倍となり、9月 時点で7560億ドルに達した。

人気の秘密は一体何だろう。米連邦準備制度が利上げを準備する中 で、年金基金や保険といった大手機関投資家は、今やかなり高くなって いる資産価格に不安を感じ、相場が下げる局面でも利益が出せる順応性 に期待し、CQS・UKやパイン・リバー・キャピタル・マネジメン ト、トリカディア・キャピタル・マネジメントなどが運用するファンド に投じる資金を増やしている。

トリカディアの共同創業者、マイケル・バーンズ氏は電話インタビ ューで、「われわれの投資家は伝統的なフィクストインカム戦略のファ ンドから資金を引き揚げ、オルタナティブクレジット戦略に注目したい ようだ」と指摘。中央銀行の金融刺激策が供給する資金にどっぷりとつ かる世界では、「流動性の高い市場以外の場所にアルファ(優位性)を 求めざるを得ない」と語った。

原題:One Hedge Fund Business Is Booming Even as Returns Trail Bonds(抜粋)

--取材協力:Katherine Burton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE