シンガポール、19行に最大1兆円返還-UFJなど改善と判断

更新日時

シンガポール金融当局は指標金利な どの操作を図ったとして銀行19行から昨年徴収していた準備金を返還し た。返還額は最大120億シンガポール・ドル(約1兆670億円)。銀行が 再発防止の改善措置を十分に講じたと判断した。シンガポール通貨庁 (MAS、中央銀行に相当)が7日発表した。

当局は昨年6月に、1行につき1億-12億シンガポール・ドルを無 利子で積むことを命じた。シンガポール銀行間取引金利(SIBOR) と銀行間貸付スワップレート(SOR)、外国為替レートの指標につい てトレーダーらが操作を図ったと判断した20銀行を譴責(けんせき)、 そのうち19行から準備金を徴収した。

調査会社イースト・アンド・パートナーズの市場分析責任者、ラク ラン・コークフーン氏は、昨年の処分は「できる限りクリーンな金融環 境を維持するというシンガポールの決意を示す強いメッセージ」だった が、「銀行が資本を強化する必要に迫られている今、善意の印として返 還したのだろう」と話した。

19行は、UBSとロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グル ープ(RBS)、INGグループ、三菱東京UFJ銀行、バンク・オ ブ・アメリカ(BOA)、BNPパリバ、オーバーシー・チャイニーズ 銀行(OCBC)、バークレイズ、クレディ・アグリコル、クレディ・ スイス・グループ、DBSグループ・ホールディングス、ドイツ銀行、 スタンダードチャータード、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行、オー ストラリア・ニュージーランド銀行、シティグループ、JPモルガン・ チェース、マッコーリー・グループ、HSBCホールディングス。

ドイツのコメルツ銀行は20行の中に含まれていたが、支払いは免除 されていた。

(更新前の記事で第1段落の「1行当たりの」を削除して訂正済みで す)

原題:Banks Refunded Up to $9 Billion by Singapore After Rate Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE