ドイツ:9月の鉱工業生産1.4%増、予想下回る-輸出5.5%増

ドイツの鉱工業生産は9月に増加し たものの、市場予想を下回る伸びにとどまり、回復の弱さが示された。

独経済省が7日発表した9月の鉱工業生産指数(季節調整済み)は 前月比1.4%上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト 予想の中央値は2%上昇だった。8月は3.1%低下に上方修正されたも のの、2009年1月以来の大幅な落ち込みとなった。

今年4-6月(第2四半期)にマイナス成長に陥った独経済の回復 がユーロ圏全体の成長の鍵を握る。

ウニクレディトMIBのドイツ担当チーフエコノミスト、アンドレ アス・リース氏(フランクフルト在勤)は「年後半は減速しているもの の製造業セクターの大きな縮小はないだろう」として、弱さは「輸出の 低調さとロシア・ウクライナ問題に起因する信頼感の低下の結果だ」と 述べた。

9月の製造業生産は1.7%増(8月は4.2%減)、投資財が4.5%増 だった。

独連邦統計局が同時に発表した9月の輸出は前月比5.5%増と、10 年5月以来の大幅な伸びとなった。

原題:German Industrial Production Rises Less Than Economists Forecast(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE