NY金:7日続落、昨年5月来最長-ドル上昇で代替需要減退

ニューヨーク金先物相場は2013年5 月以来最長の7営業日続落。ドルの上昇を背景に、代替投資の金買いが 減退した。

トリーズデール・パートナーズのポートフォリオマネジャー、ア デ・オダンシ氏は電話インタビューで「金はドル高の犠牲になってい る」と指摘。「米経済の成長が続き、それがドルを一段と押し上げると の期待は大きい」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.3%安の1オンス=1142.60ドルで終了。

銀先物12月限は0.2%安の1オンス=15.413ドル。プラチナ先物1 月限は1.1%下げて1197.10ドル。パラジウム先物12月限は0.7%下落 の752.60ドル。

原題:Gold Has Longest Slump in 17 Months as Dollar Gains Cut Demand(抜粋)

--取材協力:Laura Clarke.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE