プーチン大統領の盟友、不正資金洗浄の疑いで米当局が捜査

ロシアのプーチン大統領の盟友とし て知られる富豪のゲンナジー・ティムシェンコ氏を、米検察当局がマネ ーロンダリング(資金洗浄)の疑いで捜査している。事情に詳しい関係 者2人が明らかにした。

電気技師から身を起こしたティムシェンコ氏(61)は、ソビエト時 代の国営石油輸出会社を経て、ガンボー・グループ(本社キプロス)を 共同創業し、1990年代末には同社を世界最大級の石油会社に育て上げ た。

匿名を条件に話した関係者の1人によると、ニューヨーク市ブルッ クリンの米連邦検察当局はティムシェンコ氏が不正資金を米金融システ ムを通じて浄化しようとしたかどうか捜査を進めている。ガンボーの米 子会社であるキャスター・アメリカには3年前に米検察当局から召喚状 が出されている。

この捜査について先に報じたウォールストリート・ジャーナルによ ると、ガンボーがロスネフチから石油を購入した後、第3者に売却した かどうかが捜査の焦点。またプーチン大統領の個人資産が関与している かどうかも問われているという。

原題:Russia’s Timchenko Said to Be Probed Over Money Laundering (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE