アジア・太平洋株式サマリー:中国上昇、香港下げる-インド休場

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

中国株式相場は上昇。この8営業日で7回目の値上がりとなった。 鉄道やソフトウエア関連銘柄が買われた。

鉄道関連では中国中鉄(601390 CH)と中国鉄建(601186 CH)が共 に少なくとも2%超の上昇率。国務院がソフトの正規品の利用を促進す る方針を打ち出したことを受け、上海宝信軟件(900926 CH)など関連 株が物色された。

本土市場では上海総合指数が前日比0.3%高の2425.86で終了。一時 は0.7%下げた。CSI300指数は0.1%高。

浙商証券の王偉俊ストラテジスト(上海在勤)は「一部の投資家が 利益確定売りをしているため変動が大きくなっている」と述べた。

香港市場でハンセン中国企業株(H株)指数は0.5%安 の10568.69。ハンセン指数は0.2%安。

中国最大の電力会社グループ傘下の華能国際電力(902 HK)は香港 で4.9%安。市場価格を下回る水準で私募形式による増資を行うと明ら かにした。

【インド株式市況】

6日のインド株式市場はシーク教の祭日のため休場。取引は7日に 再開される。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比11.77ポイント(0.2%)安 の5506.11。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比5.05ポイント(0.3%)高の1936.48。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比71.58ポイント(0.8%)安の8891.02。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE