シーメンス:7-9月利益、予想と一致-エネルギー事業重視

欧州最大のエンジニアリング会社、 ドイツのシーメンスの7-9月(第4四半期)決算は28%増益となっ た。エネルギー事業に重点を置く同社は補聴器部門を22億ユーロ (約3150億円)で売却することも発表した。

発表資料によると、7-9月の全セクターの利益は22億ユーロと、 アナリスト予想平均(22億4000万ユーロ)とほぼ一致した。売上高 は0.3%増の206億ユーロ。

ジョー・ケーザー最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「われ われは2014年度に当初約束した結果を実現したほか、ポートフォリオの 強化で大幅に前進した」と指摘した。

同社は15年に1株当たり純利益が少なくとも15%増加し、工業部門 の売上高利益率は10-11%になるとの見通しを示した。補聴器部門はプ ライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社EQTパートナーズ などに売却する。

原題:Siemens Profit Meets Estimates as CEO Kaeser Focuses on Energy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE