中国スマホ市場の「著しい成長」は終了へ-レノボの楊CEO

更新日時

世界最大のパソコン(PC)メーカ ー、中国のレノボ・グループ(聯想集団)の楊元慶最高経営責任者 (CEO)は、国内スマートフォン市場の「著しい成長」の時代は過ぎ たとの見方を示した。同社が6日発表した7-9月(第2四半期)売上 高は6四半期ぶりの低い伸びとなった。

楊CEOは縮小するパソコン(PC)市場に対処するため、米グー グルからモトローラ・モビリティを買収するなど携帯電話事業やサーバ ー事業の強化を図ってきた。7-9月期に世界スマホ市場のシェア争い で中国の小米がレノボを抜き3位になるなど、国内メーカーとの競争は 激化している。

楊CEOはインタビューで、「中国が世界の他の国々を大きく上回 る成長を遂げていたころからスマホ業界の状況は変わっている」と指 摘。「市場は変化しており、中国の著しい成長も終わっただろう」と述 べた。

香港時間7日午前10時21分(日本時間同11時21分)現在、レノボ株 は5%安の10.24香港ドル。6日は5.1%下落し、2月4日以来の大幅な 下げを記録した。

原題:Lenovo Says ‘Hypergrowth’ in China Smartphone Market Ending (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE