バーナンキ氏:ECBの量的緩和、実施に向け障害も

更新日時

バーナンキ前米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は5日、欧州中央銀行(ECB)が大規模な金融緩和を 実行に移そうとすれば、その難しさを知ることになるとの認識を示し た。

米チャールズ・シュワブがデンバーで開いた投資アドバイザー向け の会議に参加したバーナンキ氏は、ECBは日米のような大胆な国債購 入を実施する上で政治的あるいは法律面での障害に直面すると指摘、 「ECBにとって国債買い入れは非常に難しいものになるだろう」と述 べた。2006年から今年1月までFRB議長を務めた同氏(60)は、量的 緩和(QE)として知られた資産購入策をFRBに導入した。

米英両国のQEに言及したバーナンキ氏は、欧州の景気低迷に苦し む地域と比較して米英では比較的力強い景気回復が示されていると説 明、両国のQEはここ数年「重要な効果」を生み出したと語った。

日本銀行による資産購入策にも触れ、日本の財政赤字がこれを複雑 なものにしていると分析。日銀のバランスシートは最終的に米連邦準備 制度の約3倍に膨らむとの見通しを示した。

原題:Bernanke Says European Bank Faces Monetary Easing Challenge (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE