米アマゾンの業績、著しく期待外れ-グリーンライト

デービッド・アインホーン氏率いる 米ヘッジファンド運用会社グリーンライト・キャピタルは、オンライン 小売り世界最大手の米アマゾン・ドット・コムの収益性の低さを指摘し た上で、一部のハイテク株の下落を見込んだポジションを拡大している ことを明らかにした。

グリーンライトは四半期ごとに投資家に送付する5日付の書簡で、 「アマゾンについては成長ペースがあまりにも速いため黒字になってい ないと何年間も言われてきただけに、最近の業績期待外れは目立ってい る」と指摘。「今や成長は鈍化しているが、利益が増えるのではなく、 鈍い成長がさらなる損失の拡大をもたらしている」と記した。

アイホーン氏は2012年5月、アマゾンは売り上げと連動して利益を 伸ばせることを示していないとして同社の将来は「謎」だと述べてい た。同社の株価は今年25%下落している。

グリーンライトは今年4月、ハイテク株はバブル状態にあると指摘 した。その翌月にアイホーン氏は同社の見解について、一部の銘柄は割 高だが、ハイテク業界全般について自身は強気だと説明していた。

原題:Greenlight Boosts Stance Against Tech Stocks, Cites Amazon (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE