金のテクニカルアナリスト、相場のさらなる下落を予想

金相場はここ1年4カ月間、1オン ス当たり1180ドル付近に下落するたびに回復した。だが、ついにその下 値支持線が破られている。

米国の量的緩和終了の決定でドルが上昇する中、これはチャートを 分析するアナリストらにとって、さらなる金相場下落の兆しである可能 性が高い。ドイツのコメルツ銀行は金相場が約1カ月間で4.8%下 げ1092ドルになると予想。英調査・取引会社フューチャーズテックス・ ドット・コムのテクニカルアナリスト、クライブ・ランバート氏は次な る目標を1089ドルとしている。

ランバート氏は5日、ロンドンの東に位置するリーオンシーから電 話インタビューに応じ、「1180ドルが破られたのは非常に明確で、それ 以降は同水準を回復していない」と指摘。「すぐ周辺には支持線がな く、このトレンドが続いている」と述べた。

原題:Gold Chart Watchers Warn of Bigger Losses as Selloff Accelerates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE