ソフトバンクは金の卵産むガチョウ、第2のアリババも-孫氏

更新日時

ソフトバンクの孫正義社長は4日の 決算説明会で、中国の電子商取引会社、アリババ・グループ・ホールデ ィングなどへの出資で成功した実績や将来への投資が、株価に適切に反 映されていないとの見解を示した。同社の時価総額は、保有株式の価値 を下回っている。

孫社長は、イソップ童話をもとに投資先を金の卵に例え、「ソフト バンクは金の卵を産むガチョウになりたい」とした上で、投資先よりも 「金の卵を産むガチョウに価値がある」と述べた。また、「新たに金の 卵をお腹に仕込んでいる」と次の有望案件についても言及した。

ブルームバーグが集計したデータによると、ソフトバンクの時価総 額は5日時点で9兆4000億円超。一方、ソフトバンクのウェブサイトに よると、同社が保有する上場株式の時価総額は、5日午後3時現在で12 兆8000億円に達している。ソフトバンクはアリババのほか、ヤフーやガ ンホー・オンライン・エンターテイメントなど1300社以上をグループ会 社に持つ。

エース経済研究所の安田秀樹アナリストは、時価総額と保有株式の 差について「企業をどういう軸で評価するかという話だ」と話した。孫 社長の発言の狙いについては、米投資・保険会社バークシャー・ハサウ ェイのウォーレン・バフェット氏のように「ベンチャーキャピタリスト としての実績を評価してほしいという趣旨」と指摘した。

孫ディスカウント

孫社長は説明会で、市場は孫氏が「クレージーな買い物をする」と 思っていると分析。バークシャー・ハサウェイには、「バフェットプレ ミアム」があるのに対し、ソフトバンクには「孫正義ディスカウントが 働いている」と述べた。

また若年人口やソフトウエア開発者数という点から、インドは将来 的に中国と並ぶ二大経済圏になるという持論を展開。次の金の卵とし て、10月に出資を発表したインド最大級の電子商取引サイトを運営する スナップディールを挙げた。

ソフトバンクは4日に発表した決算で、今期(2015年3月期)の営 業利益予想を従来の1兆円から9000億円に引き下げた。米子会社スプリ ントが業績予想を下方修正したことが理由。

岩井コスモ証券の川崎朝映アナリストは、孫氏が保有株式の価値に ついて言及したのは、スプリントの業績不振のため、携帯電話事業の話 をしても「投資家へのアピールにならない」からだと話した。川崎氏 は、業績改善が明らかになれば、説明会でも携帯電話事業の話が中心と なるとみている。

6日のソフトバンク株は一時、前日比2%高となる7995円まで買わ れたが、午後に売られ、同0.2%安の7824円で取引を終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE