ドイツ:9月製造業受注0.8%増、予想下回る-下期に暗雲

ドイツでは9月の製造業受注がエコ ノミスト予想を下回る伸びにとどまり、7-12月(下期)のプラス成長 に黄信号がともった。

独経済省が6日発表した製造業受注指数は前月比0.8%上昇。8月 は4.2%低下に改定された。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト39人の予想中央値では、9月は2.3%上昇が見込まれていた。 前年同月比の実績は1%低下。

欧州連合(EU)の欧州委員会は今週、ユーロ圏の成長率見通しを 下方修正。ドイツとフランス、イタリアの予想も引き下げた。ドイツ連 邦銀行(中央銀行)は、4-6月(第2四半期)にマイナス成長となっ た独経済は下期にプラス成長に転じるとしてもわずかな伸びにとどまる との見通しを示している。

バークレイズの欧州担当シニアエコノミスト、トマス・ハリエス氏 は「ロシア向け輸出の落ち込みとユーロ圏向け輸出の弱さが重しになっ ている」と指摘した。「ドイツ国内のファンダメンタルズ(経済の基礎 的諸条件)は引き続き良好だ。個人消費は徐々に持ち直すだろう」と付 け加えた。

原題:German Factory Orders Rise Less Than Forecast as Growth Stalls(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE