NY原油:反発、在庫が予想ほど増えず-製油所稼働は上昇

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は反発。米エネルギー 情報局(EIA)の統計で米国の原油在庫が予想ほど増加しなかった一 方、製油所稼働率が上昇したことで買いが優勢となった。

ジョン・ハンコック(ボストン)のシニアマネジングディレクタ ー、チップ・ホッジ氏は「製油所では秋のメンテナンス作業が終わりに 近づくに伴い、稼働率は上昇が続くはずだ」と予想。「原油需要が高ま ることになる」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日 比1.49ドル(1.93%)高の1バレル=78.68ドルで終了。10月23日以来 で最大の値上がりとなった。

原題:WTI Climbs on Smaller-Than-Projected Supply Gain; Brent Rises(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE