米中間選挙:オバマ大統領「イエス・ウィー・キャン」に暗雲

4日投開票の米中間選挙の結果、上 下両院ともに共和党が支配政党となった。民主党のオバマ大統領にとっ て、初めての経験で、政治的価値が残る間に共和党議員らとの調整を図 りながらどのように戦うのか、ジレンマに直面している。

ホワイトハウス当局者によれば、オバマ政権はレームダック(死に 体)化しないよう、また議会の問題を解決するため大統領権限の行使か ら一歩も引かないことを決意している。アーネスト大統領報道官は4 日、オバマ大統領は実際、年末までに移民に関する新たな方向性を示す 方針で、その準備を進めているところだ、と語った。

民主・共和両党の間で見解が共通しているのはインフラ構築や貿易 合意といった小ぶりな課題だ。両党が主張する大型税制改革は手強く、 長期的な財政問題をめぐるグランドバーゲン(包括的な妥結)も難し い。

オバマ政権に残された任期内に重要な法案が成立するかどうかは、 共和党議会指導者の政治判断に大きく左右される。オバマ大統領がこれ まで以上の功績を残す時間は限られている。一方、共和党指導者も2016 年の選挙に向けて全責任を負うことになる。共和党の多くの上院現職議 員は民主党が優勢の州で再選をかけて戦うことになるからだ。

クリントン政権で要職を務めたジョエル・ジョンソン氏は、「政権 側も共和党側も両方の窓が同時に閉められた可能性が非常に高い」と述 べ、「両者が新しいスタートを切るには空気が淀み過ぎているかどう か、答えは新年早々にわかるだろう」と続けた。

原題:Election Results Move Obama From ‘Yes We Can’ to ‘Probably Not’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE