タイム・ワーナー:予想上回る四半期利益、独立路線に追い風

米メディア企業、タイム・ワーナー の7-9月(第3四半期)利益はアナリスト予想を上回った。テレビチ ャンネルでの収入増加が寄与した。他社との合併を模索せず独立企業と して成長を目指すジェフ・ビュークス最高経営責任者(CEO)の戦略 を後押しする決算となった。

5日の同社発表によると、事業再編コストと一時的な税利益を除い た第3四半期利益は1株当たり97セント。アナリストの予想平均94セン トを上回った。売上高は前年同期から3.3%増加し62億4000万ドル。予 想平均の61億6000万ドルを超えた。

同社は収益見通しを引き上げ、今年の調整後ベースの利益の伸び率 が「10%台の後半」になると予想。従来の予想は「10%台前半」だっ た。アナリスト予想は14%の伸び。

原題:Time Warner Profit Beats Estimates, Showing Standalone Works (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE