薄氷歩むFRB議長は肝に銘じよ-「議会がボス」との警句

イエレン米連邦準備制度理事会 (FRB)議長がバーナンキ前議長から引き継ぐ準備をしていた際、前 議長からは「議会がボス」だということを忘れてならないというアドバ イスを受けた。

4日の中間選挙で野党共和党が上院の過半数を奪回したことで、イ エレン議長は前任者の警句を肝に銘じた方がいいだろう。上下両院の主 導権を握る共和党の下で、金融システムを監督し金融政策を立案する連 邦準備制度の権限を抑える議会の取り組みが勢いを増しそうだ。

オバマ米大統領は米国の中央銀行である連邦準備制度の独立性を脅 かすいかなる法案に対しても拒否権を行使すると見込まれるものの、イ エレン議長(68)は1世紀に及ぶFRBの歴史の中で最も大胆な刺激策 から脱却を急ぐよう圧力を受ける公算が大きい。

ブルッキングズ研究所のサラ・バインダー上級研究員は「共和党主 導の上下両院がイエレン議長と連邦準備制度にとって一段と難しい状況 を生み出す」と指摘。米議会とFRBの関係を分析している同研究員は 「連邦準備制度の決定に対する検証強化に加え、より迅速な金融政策の 引き締めを求める共和党の圧力が、中銀の自治とイエレン議長のリーダ ーシップに対する挑戦を促すことになる」と述べた。

調査会社フェデラル・ファイナンシャル・アナリティクスのマネジ ングパートナー、カレン・ショー・ペトルー氏によれば、今回の中間選 挙の前でさえ連邦準備制度の独立性に対する潜在的な挑戦はここ数十年 で最も厳しくなっていた。「連邦準備制度はすでに連邦議会をめぐり薄 氷の上を歩いている。何かうまくいかなくなれば、とりわけ攻撃を受け やすいだろう」と同氏は語った。

原題:Scrutiny of Fed Seen Intensifying in Republican-Majority Senate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE