インドネシア:7-9月GDP、予想下回る-新大統領に課題

インドネシアの7-9月(第3四半 期)経済成長率は市場予想に届かなかった。東南アジア一の経済大国の 活性化を誓うジョコ・ウィドド新大統領には厳しさが増す状況だ。

インドネシア中央統計局が5日発表した7-9月期の国内総生産( GDP)は前年同期比5.01%増。ブルームバーグ・ニュースがエコノミ スト26人を対象にまとめた調査の予想中央値は5.1%増だった。

先月就任したジョコ・ウィドド大統領は2年後に経済成長率を7% に押し上げると表明。同水準を最後に達成したのは1997-98年のアジア 金融危機の前のことだ。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)のエコノミス ト、ダニエル・ウィルソン氏(シンガポール在勤)は統計発表前、「構 造改革が実施されるだろう。政府は改革を断行する決意のようだ。来年 は安定的な対外収支で、経済成長の緩やかな回復が可能となるはずだ」 と述べた。

7-9月期GDPは前期比2.96%増。ブルームバーグが市場関係者 9人を対象にした調査の予想中央値は3.03%増だった。

原題:Indonesia’s GDP Growth Misses Estimates as Bar Rises for Widodo(抜粋)

--取材協力:Manish Modi、Andrew Janes、Neil Chatterjee.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE